ほくろの除去の施術|イメージしておくことがポイントです|二重整形で理想を掴む

イメージしておくことがポイントです|二重整形で理想を掴む

ウーマン

ほくろの除去の施術

ウーマン

施術時間がかからない

医療機関でのほくろ除去では、レーザー治療が主流となっています。その理由はコストの安さなどいろいろ挙げられるなか、施術時間の短さも挙げられます。治療そのものがレーザーを照射するだけであるため、ほんの数分でほくろ除去が終わってしまいます。しかも、多くのケースは施術後すぐにメイクをすることもできるのです。入院する必要もダウンタイムもなく、さらに、来院するとき予約すれば、待機する時間もほとんどありません。そのため、会社帰りにほくろ除去をする女性会社員も決して少なくないのです。近年では女性も働くケースが増えているため、忙しい女性にとって治療用レーザーによるほくろ除去は利便性が高いので人気が集まっています。

施術後の対処が大切

ただダウンタイムはないと述べたものの、ほくろ除去をした部分は無防備な状態であるため、直射日光に当たるとメラニン色素を生成しやすくなっています。つまり、シミになってしまうケースが考えられるわけです。せっかくほくろを除去できたというのに、代わりにシミが出来てしまっては元も子もありません。そのため、少なくとも治療をしてから1週間から2週間ほどは、直射日光に当たらないよう注意を払った方が良いです。その方法としては、紫外線カットクリームを塗ったり、マスクや帽子、さらにはサングラスで覆ってしまう方法などもあります。きちんと対処しておけば、シミになる可能性を大幅に減らしていくことができるので、注意しておきましょう。